上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --
20081226_21.jpg

残すは、下りの最終列車だけになりました。

当該列車は、神宮前駅で発車式が執り行なわれます。
1・2番線の岐阜方は、この式典のため立入り規制が行なわれましたが、
中日新聞社様から不肖への取材依頼があったため、プレススペースで発車を見送りました。
ホームから車内を見ていると、先頭車はもとよりどの車両も大勢の人でいっぱいで、
ミュージックホーンを寂しげに響かせながら、岩倉へ向け出発してゆきました。

ここまでは、あえて人波に揉まれないような行程を組んできましたので、
最後の最後は喧騒の中で見送ろうと思い、後続の特急に乗車して終着駅の岩倉まで先回りしました。

最終列車の到着を待つ岩倉駅のホームは、既に大勢の人たちが集まっています。
何分か遅れて到着した当該列車からは、これまた大勢の乗客が降車し、ホームは身動きが取れないほどの混雑になりました。

乗客を全て降ろし所定の作業を終え扉が閉まり、いよいよ留置場所の布袋駅へ向けて、回送列車が発車します。
ミュジックホーンが寒空に木霊して、カーブの先にテールライトが消えてゆきました。


こうして、無事パノラマカーの定期運行が終わると共に、私の長かった一日も終わりました。
緊張が解けたせいか、帰りの列車では強烈な眠気が襲い、感傷に浸るという気持ちではなかった気がします。
おかげで翌日は、年末で雑用が忙しいのにも拘らず、昼過ぎまで眠ってしまいました。

最終日の様子を写した写真は、後に中日新聞社様から発行された「ありがとうパノラマカー」にも掲載していただきましたが、
このような取材の機会を与えていただきましたことを、改めて感謝申し上げます。

なお、今回の記事おける一連の写真は、
新聞社の腕章をつけての取材でしたので、ここへのアップは控えさせていただきます。

2008.12.28 名古屋本線 神宮前
スポンサーサイト
20081226_20.jpg

パノラマカー最後の上り列車とあって、先頭車両も最後尾車両も 乗る人・撮る人で大混雑です。
慌しくも短い停車時間の後、7011Fはミュージックホーンを残して東岡崎へと走り出してゆきました。
パノラマカーが走り去ったホームは、通勤客が並ぶ普段どおりの光景に戻ってゆきます。

2008.12.26 名古屋本線 名鉄名古屋
20081223.jpg

発行からほぼ2年が経ちましたが、
最後まで若干部の在庫がありました書店さまでも在庫が払拭いたしました。

発行当時は所謂パノラマカーブームと言われるものも影も形もありませんでしたし、
珍しい系統板や珍編成など写っているわけでもないイメージ重視の写真を集めた本が
皆さまの目にどれほど留まるか不安でしたけれども、新聞掲載を機に想像以上の反響を頂き、
無理を押しても制作して良かったと安堵しております。

また、自費出版というものは、完成まで非常に孤独な作業を伴うのですが、
発行後は思わぬ方から連絡を頂いたり、これを機に始まったお付合いがあったりと、
これらの交友関係の広がりは、私にとって、他の何にも替えがたい宝物となりました。

パノラマカーが営業線上からいなくなって、早半年が経とうとしています。
これから後、皆さまの記憶の中のパノラマカーも次第にその影が薄くなっていくのかもしれませんが、
この本を開くことで、薄れてゆく記憶を呼び覚ますきっかけになれば本望です。

最後になりましたが、
 お買い上げいただきました皆さま、
 制作・販売に係わってくださった皆さま、
 陰になり日向になり応援してくださった皆さま、
 そしてパノラマカーが好きな方々、
  本当にありがとうございました。

なお、
本ブログは、最近更新頻度が落ち込んでいますけれども、もう少しだけ続けていきますのでよろしくお願いいたします。

2008.12.23 犬山線 岩倉
20081226_19.jpg

名鉄名古屋を通るパノラマカーも、あと2本になってしまいました。
ホーム上は、今日が仕事納めの方々やファンの方たちで、相当混雑しています。

そんな中で、見るからにコアなファンではない人たちが、携帯やコンパクトカメラを出して、
パノラマカーの写真を撮っているのを見ると、やはり色々な方たちに愛されてきたんだなぁという思いを強く持ちました。

たまたま撮ったこのカットに、知り合いの方が偶然写っていたのが後日分かりびっくりしたのも、良い思い出となりました。

余談ですが、
実は、1894列車でも同じようなカットを撮ろうと思ったのですが、ホーム上に人が多すぎ思ったような構図がとれず
あえなく撃沈してしまいました。
ホーム上の撮影はリスキーですが、その偶然がなかなか面白かったりします。

2008.12.26 名古屋本線 名鉄名古屋
20081226_18.jpg

外はもう真っ暗になってきました。

暗くなってからの撮影地を探そうと、何日か前から夜の沿線をウロウロとしていたのは
このカテゴリーの「プロローグ」でも紹介しましたが、結局いまひとつ納得できず、
最後に悩んだ挙句この場所を選びました。

次々と通過する列車で試写してみますが、歩留まりは芳しくありません。
また、1891列車は各駅停車のため、高速で通過する列車の撮影とは勝手が違うことが予想されます。
でも、時間的にもう場所は変えられません。
とか何とかしている内に、いよいよ時間が迫ってきました。

遮断機が下り、車のヘッドライトに照らされたステージに、ゆっくりと現れたパノラマカーが加速していきます。
ファインダーが暗転するので、左目で列車を追いかけ、カメラを振り抜きました。
早速その場で画像を確認したところ何とか写ってくれたようで、緊張が一気に解けました。

2008.12.26 名古屋本線 桜-呼続
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。